上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久夛良木氏失脚とPS3の苦境が分析される(GigaOM)  http://gigaom.com/2006/12/02/ken-kutaragi/
トラフィックデータでWiiの一人勝ち状態がくっきり裏付けられる(Hitwise) http://weblogs.hitwise.com/heather-hopkins/2006/12/nintendo_wii_overtakes_other_c_1.html
ドラクエ、PSから逃げ出し、任天堂DSに乗り換える(ZAKZAK) http://zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121301.html
PS3の開発費高騰でドラクエ以外も続々寝返り(J-CAST) http://www.j-cast.com/2006/12/13004318.html
「SCEは、PS2もPS3も『ゲーム機ではありません』みたいなことを言ってる。ソフトメーカーは一生懸命にSCEに協力し支えてきたわけです。しかし、DVDやブルーレイの販売ツールのマシンのようにしてしまった。ゲームファンを減らすようなもんで、これじゃぁ、前の任天堂の方がまだいいと。『大政奉還』が近いんじゃないですか」

さらに…
ソニーまたヤラセ:PSP絶賛の偽「ファンサイト」で炎上(Engadget Jp)
http://japanese.engadget.com/2006/12/12/sony-psp-no-no-no-no-no/
それにしてもわが国のメインストリームメディアのSONYタブーはSONY自体にも有害だ。このSONYタブーのせいで、社内でもごく一部の最高経営幹部を除いて事態の深刻さが認識されていないおそれがある。現在部長、課長級の中堅層は「世界のSONY」時代にわが世の春を謳歌した世代だけに、まだまだタカをくくっているはず。(それともタカをくくってるのは最高経営幹部か?)四面楚歌を聞く、とは現在のSONYのためにあるような言葉なのだが。
項王軍壁垓下。兵少食尽。 漢軍及諸侯兵、囲之数重。 夜聞漢軍四面皆楚歌、項王乃大驚曰、「漢皆已得楚乎。是何楚人之多也。」

わが家ではトリニトロンの全生産期間にわたってSONYテレビを愛用してきた。一刻も早いSONYの立ち直りを願う…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/7-66d4dac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。