上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークタイムズ、大部分の記事にDigg、Newsvine、Facebookへの投稿ボタンを組み込む

理由は一言でいえば「トラフィック」。ソーシャルニュースに記事が掲載されるとそこから元記事へトラフィックが生じる。これがついに無視できなくなったということ。アメリカの広告マーケットでは全国紙が一人負け状態で、背に腹は変えられないという事情がある。

もっともわが国には「ソーシャルニュース」と称しながら会員以外のコメントを拒絶するサイトもあるがどうしたものか。

Techcrunch日本版〔New York Times、ソーシャルニュースに降伏〕

ビッグメディアがYouTubeのライバルを作るという噂

がシリコンバレーに流れている。事情通によれば、
 

・Google/YouTubeとのTV番組配信ロイヤリティー交渉の駆け引きのハッタリ。
 ・ゴリ押しで作っても失敗は確実
 ・しかしクィンシー・スミス(CBS Interactive社長)たちのボス(ネットワーク局トップ)はバカでゴリ押しするかも
との観測。

遅かれ早かれキー局とGoogle/YouTubeとの本格的な提携・配信契約が成立するのは確実な情勢になっている。高松塚を破壊した役所からの天下りやビートルズをハーモニカで演奏した老人を逮捕させるような組織に引き回されて日本のテレビ局が流れを見失わないよう祈る。

〔日の目を見ない(かもしれない)ビデオ・スタートアップ〕

Internet Outsider 〔失礼、クインシー・スミスもそれほどのアホではない〕
Big Media YouTube Competitor? Sorry, Quincy Smith is Not a Moron

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/6-601016fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。