上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、高級コンデジ/初級デジイチのあたりのカメラが気になっている。リコーGR3パナソニックDMC-GF1CキヤノンEOS Kiss X3の3機種だ。GR3はコンパクトのトップエンド、GF1Cはマイクロフォーサーズ、X3はデジイチのエントリーモデルのそれぞれ代表と思われる。

私的なスナップだけなら軽く、明るく、高画質と三拍子そろったGR3が魅力的だ。しかし用途として普通のスナップの他にブログ素材に使うイベントの記録があるので迷う。カンファレンスでステージを撮る場合は最前列からでもワイドレンズでは苦しい。35mm換算で200mmは欲しい。するとやはりデジイチになる。

大型コンデジなみというマイクロフォーサーズのGF1Cのコンパクトさも魅力的だが、望遠ズームをつければやはりそれなりのサイズになる。無論ポケットに入れて持ち歩ける大きさではない。Kiss X3はデジイチとしては540g(ボディー)と軽量でパーティーなどに持ち込むにもそれほど苦にならそうだ。キットのレンズはあまり明るくないが、レンズ内蔵手ぶれ補正でかなり暗い場所にも対応できるようだ。交換レンズを漁り始めるとキリがないが、キヤノンの場合、EF50mm F1.8が1.8万と驚異的に安い。

X3は動画機能もあるが、外部マイクが使えず、AFも基本的にマニュアルらしいのでやはりオマケと考えるべきだろう。ただしインタビューの記録には便利かもしれない。とにかくないよりよい。

X3と同クラスには各社ともエントリー・モデルの主力がひしめいているので、それぞれ比較し始めるとキリがない。しかしざっと情報を集めたところではやはりキヤノンは総合的に破たんなく製品をまとめているような印象だ。

もっとも今使っているFinepix F100fdもよくできたコンデジで、まったくカメラまかせでポイント&シュートしてそこそこの写真が撮れる。デジイチとなれば能力を生かすためにはユーザー側でも少しは勉強しなければならない。また携帯性の問題もある。いくら良いカメラでも手元になければ何も撮れない。

GR3がせめて2倍ズームだったらよいのだが。もちろん、あれだけの高画質をポケットに入るコンパクトなボディに押し込むことに成功したのは固定焦点という大胆な割り切りがあったからだろう。しかしいつかはGRズームも可能になるのではないか?

一方でWin 7の登場で中級ノートが使いものになるようになるはずなので、その予算も用意する必要がある。こちらは仕事の効率に直結する道具だから、おろそかにできない。

やはりカメラは後回しか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/435-6d50d6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。