上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランの改革派は抗議活動の組織と海外への情報発信にTwitterを活用している。山崎冨美さんのブログが「Twitterとメディア」が必読。

事実関係をてぎわよくまとめた後、Clay Shirkyのスピーチ、How cellphones, Twitter, Facebook can make history〔携帯電話、Twitter、Facbookが歴史を作るようになる〕など幅広く可憐情報紹介し、日本の(いつもながら)のどかな事情とやんわり対比させている。

この記事自体がTwitter経由のバイラルで大きな反響を呼んでいる。それ自体新しいジャーナリズムのひとつのモデルを予感させているところが興味深い。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/423-f2a5364d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。