上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookのユーザーは先週末からバニティーURL(自分の名前など好みの文字列のURL)を取得できるようになった。私はFacebookはほどんど開店休業状態だが、それでもいちおう、 http://www.facebook.com/namekawa01 というURLを取った。

覚えやすく入力しやすいから便利だ、というのは当然として、それならなぜ今までこの機能がなかたったのか?

これについて、Jason Calacanisがブログ記事で(いっときブログは止めたと言っていたが、なしくずしにまたブログでも記事を書くようになったw)、おもしろい指摘をしている。

従来、Facebookのページは「非公開がデフォ」だった。ユーザーのページのURLはランダムな数列で、本人や友達など正規の権限を持っているユーザー以外は、Googleのクローラーも含めてアクセスすることができなかった。もともとFacebookは学生だけを対象にした非公開のSNSとして出発しており、「公開がデフォ」のMySpaceに対してFacebookは「排他的なクラブ」の雰囲気が好まれた。

ところがバニティーURLが付与されると、Facebookのページのアドレスは「意味のある文字列」になる。つまり事実上MySpaceと同様の「デフォで公開」に近くなる。これは非常に大きな方針変更だ。

Calacanisはこの方針転換の原因をTwitterの爆発的成長に求めている。

Twitterの圧力がFacebookを「デフォで公開」に押しやった。(Twitterの場合、非公開〔ダイレクトメッセージ〕を選択しないかぎりメッセージは一般に公開される)。つまりTwitterの関係性はもともと公開を前提としてデザインされている)。

これでソーシャル・ネットワークは公開化に流れが変わった。今まで、MySpaceのような公開SNSはLinkedInやFacebookのような非公開SNSに押されてきた。しかしそのFacebookがもっとも公開的なTwitterのおかげで立場を変えることになったのは実に面白いし、歓迎すべきことだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/419-d1c2b2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。