上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪がなかなか抜けない。寝込むほどではないが、少し油断するとぶり返そうとする。汗ばむくらいに厚着していると症状がひっこむ。体を冷やすと咳と喉の痛みが戻ってくる。このウィルスは極端に体温上昇に弱いらしい。

喉が渇いたのでコークにバカルディのラムをティースプーン1杯浮かし、ライムをしぼって軽いキューバリブレを作る。なかなかうまい。ライムはラム、ジン、ビール、ウィスキー、何にでも合う。アボカドに絞ってもよい。

2009_04270003.jpg

キューバ・リブレというのは「キューバ解放!」という意味だ。「米西戦争の前後(1900年ころ)、キューバ独立運動の志士によって作られた」ということになっているが、例によって真相はよく分からない。

台所に立ったついでに包丁を研ぐ。家庭の場合、DIY店でも売っている2千円くらいの中砥と仕上砥が裏表になっている人造砥石で十分だろう。砥石に十分水を含ませる。刃の角度を固定して1か所を10~20回くらい軽く研ぐ。このとき刃をしゃくらず、いつも砥石に同じ角度で当たるようにする。指で触って裏側にカエリが出ればよい。最後に裏返してカエリを取るためにごく軽く2回くらい研ぐ。さび落としなど特別の場合以外は中砥だけで十分切れるようになる。

新聞紙を1枚、写真のように折って、背中の丸いところを軽く引き切りにしてみる。刃がすっと入るようなら砥げている。流水でよく洗ったあと乾いた古新聞に強くこすって金気を取る。古新聞で鞘をつくってシンクの引出しなど乾燥した安全な場所に保管する。

2009_05030004_houchou.jpg

包丁が砥げたのでさらについでにサンドイッチを作った。焼豚、キュウリ・トマト・玉ねぎの2種類。パンはヤマザキのサンアローマ。パンはできるだけ薄く切るほうがおいしい。市販の8枚切の半分(7.5mm)かそれ以下がよい。

サンドイッチをつくるときに普通だとバターを柔らかくしてパンに塗るわけだが、これはけっこう面倒だ。パンが薄いとちぎれて穴が空いてしまう。そもそもバターのカロリーも馬鹿にならない。ローカロリーのマヨネーズを絞り出してスプーンの背で広げるとよい。接着剤の役を果たし、かつ具の水分がパンに沁み込むのを防止できる。ちょうどよく味もつく。具合がよい。

サンドイッチは刺身と同様、切るだけの料理なので包丁がよくないとどうにもならない。刃渡りが20cm以上のセラミック包丁または刺身包丁がよい。

具をはさんだ後のサンドイッチを切り分けるときのコツは左手にある。指でパンの向こう側を押さえ、掌をパンの表面に広く当てるようにして固定し、左手の際ぎりぎりを30度くらいの角度ですっと引き切りにするときれいに切れる。真上から強引に押切りにしようとすると潰れて反対側が跳ね上がってバラける。

2009_05030001_sandwich.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/399-73736a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。