上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橘川幸夫のデジタルメディア研究所(デメ研)がちよだプラットフォームスクウェアで「みんなの学校」という一種のグループ教育活動を始めた。

滑川もなんかやれ、というので、いままでやりたかった「IT英語塾」を始めてみることにした。

今週土曜日(3/21)午前10:30から最初のトライアルを行う予定なので興味のあるかたはふるってご参加を。(トライアルは参加無料)。

概要についてはリンク先を見ていただきたいが、「必要さえあれば、英語で書いてあることの意味をとれるようになるのにそれほど時間はかからない」というのがコンセプト。プログラマー同士、外科医同士は単語を並べただけのブロークン英語で素人にはちんぷんかんぷんの意思疎通ができる。双方が高度な組織化された知識をもっているから、単語ひとつでその背景情報が動員されて、豊富な意味が伝わる。

英語を読む場合も同じで、その内容に強い関心があって、あらかじめ知識があれば、文法がどうだという前に内容が分かってしまう。

IT英語塾では私が専門にしている「IT英語(主にニュースやブログ記事)」の読み方を伝授したい。

たとえばコツの一つは、わからないフレーズは丸ごとぐぐること。かなりの確率で日本語との対訳がヒットする。またGoogleリーダーを使って日本語で関連記事を大量に集めてざっと目を通しておくのも非常に効果的だ。「X社の経営が危ない」という記事を日本語で読んでいれば、たとえば、Twitterで "X went to deadpool."というメッセージを見たら、その表現を見るのが初めてでも「ははあ、ついに閉鎖だな」と見当がつく。

ひとつひとつは「なんだ」と思うような当たり前の作業だが、これを組み合わせると飛躍的に解読力がアップする。英語の勉強だからといって必ずしもTOEICや英検の受験勉強に走らねばならないわけではない。(もちろんそれはそれで有益だが)。

将来は(というか需要があれば)IT英語翻訳講座、英語プレゼンテーション講座などにも間口を広げてみたいと思っている。「講師をやってみたい」方もサイトの方にご連絡ください。

とりあえず今週土曜日には無料トライアルをやってみることにした。

IT英語に興味の方にかぎらず、TechCrunch読者の皆さんも、時間があればおしゃべりにお立ち寄りください。場所は東西線竹橋そば、錦町河岸交差点です。高橋信夫さんもおみえになるかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/386-d6507d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。