上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前のエントリーで「小沢ができることは徹底抗戦の末、行状を丸裸にされ、それによって政治家と国民に教訓を残すことだろう」と書いたが、辛口で知られる池田信夫氏は、迂回献金と「逆国策捜査」という記事でこう書いている。

民主党が闘うなら「小沢代表が迂回献金をやったことは事実だが、同じことは自民党の**もやっている」という事実を発掘し、迂回献金問題を徹底的に追及する「自爆テロ」を決行することだ。自民党議員を100人ぐらい道連れにして小沢氏が議員辞職すれば、彼の功績は歴史に残るだろう。

これも一理ある。

どちらでもいいから簡単に辞任するでないぞ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
田中真紀子氏が番組の矛盾を鋭く突く!
テレビ朝日  サンデープロジェクト 3月8日

番組では、民主党小沢代表の公設第一秘書が逮捕されたことについて、田中真紀子氏に意図的な逮捕かどうかを問いました.

答えは、以下のとおりです.

* 国民の9割が政権交代を望んでいるときに、逮捕がおこなわれた
* リークによるメディア・情報操作で、国民の注意がそらされる
* 国民の1割の中に、政権交代が好ましくないと考える人たちがいる
* 官僚機構の全情報を握り、権力機構の仕組みをよる知る警察・公安出身の人物がいつの間にか権力の中枢にいる
* 検察が、政権交代を望んでいないというより、その背後に見えない力、政府の枠を超えた力がある.それが、1割の政権交代が好ましくないと考える人たち、学者やジャーナリストもいれば、文化人も、メディアの中にも、この中にもいるかもしれない、その人たちの背後にある
* (真紀子氏は、NHK一部の人たちの名前は出しませんでしたが、「メディア」の中に含めていたのかもしれません)

田中真紀子氏のこの指摘に関して、番組ではそれ以上深く掘り下げることはしませんでした.

番組の矛盾というべきです.
2009/03/09(月) 03:06 | URL | ささき のぶひこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/380-5d1c37a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。