上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-CASTが報じた電通の「2006年日本の広告費」によるとネット広告が29.3%増の3,630億円と大幅に伸び、雑誌にほぼ追いついた。全体のパイは前年から変わらず6兆円で、食われたのはテレビ(2兆161億円、1.2%減)と新聞(9,986億円、3.8%減)、雑誌(3,887億円、1.5%減)。

額、率ともに新聞の落ち込みが大きく、ネット広告と新聞広告が直接の競合関係に入っていることが見てとれる。消費税アップとなれば新聞の販売部数の落ち込みは確実。広告収入がこのままネットに食われていくと下位の全国紙が経営危機に陥ることは避けられまい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/35-db92c83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。