上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の暮れ、神保町の古書店で白川静「中国古代の民俗」(講談社学術文庫)を手に入れた。白川静の著書のうちでもあまり知られていないものだが、日本民俗学の方法を中国と日本の古代歌謡に適用するという白川学のモチーフが丁寧に説明されている。

注目は、冒頭の「わが国の民俗学」だ。ここで日本民俗学の一方の源流である柳田国男を「一国民俗学の立場は、その出発において、すでに困難な問題を追うものであった」と厳しく批判し、柳田の静的な民俗学ではなく折口的なダイナミックに起源を志向する方法を採用することを明確にしている。

柳田の一国主義は幕末の尊皇攘夷的国学の流れから来ているのではないか。私は以前から柳田の「常民」絶対視は復古的な反動思想の一種だとにらんでいたから、白川が一国民俗学を強く否定したことは大いに腑に落ちた。

日本というのは成立以来ずっと中国文明の周辺文明であり、明治以後は西欧文明の周辺文明となった。周辺地域の知識人は、往々にしてその現実に反発して一国主義に走る。西欧周辺国のロシアではスターリンの一国社会主義理論が猛威を振るったし、現在のイスラム原理主義も巨視的に見れば周辺地域の反発だろう。

わが国では明治以来、官学アカデミズムが知識の輸入業者のギルドを形成し、いっぽうで国粋主義者が輸入業者に対して感情的に反発するという構図が長く続いてきた。輸入業者は「横のものを縦にする」だけで独創性がなく、独創性を追うものは狭く不毛な一国主義の罠にはまる。

その点、日本と中国の古代を東アジア文明として一視同仁に解明した白川静は偉大な例外といっていいだろう。ただし白川学は漢字文化圏の外にはほとんど視野が及んでいない。そこに思想として見た場合、漢字文化圏を絶対として理想化するあまり、「大東亜共栄圏」や「五族協和」的なユートピア思想につながる危うさがある。

もちろん、これは白川学の本旨とは直接の関係はない。しかし、これだけ白川学が広く知られるようになった場合、必ずしも無視できない危険かもしれない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/328-2019295d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。