上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleの創立者の一人、サーゲイ・ブリン(Sergey Brin)の個人的な情報はほとんど公開されていなかった。ところが今回Moment誌2月号にロングインタビューが掲載されて話題になっている。

Moment誌は1975年にホロコーストの生き残りでノーベル文学賞受賞者の作家・ジャーナリスト、エリ・ウィーゼル(Elie Wiesel)らによって創刊されたユダヤ系コミュニティー向け雑誌。Jewish Culture, Politics, Religion というサブタイトルのとおり、ユダヤ文化、政治、宗教を論じる高級誌である。日頃は秘密主義のブリンもモスクワ生まれのユダヤ人としてのアイデンティティーの側面からこのようなインタビューに応じることになったのだろう。

cap_070216_sergey_400w.jpg

興味深いのはロシアでユダヤ人迫害を体験してアメリカへ移住してきた両親へのインタビューだ。一家はサーゲイが高校生のときにモスクワに里帰りするが、そのとき、サーゲイはソビエト社会に衝撃を受け、父ミハイルに「僕らをアメリカに連れてきてくれてありがとう」と深刻な表情で言ったという。

なお、もう一人のGoogleファウンダー、ラリー・ページも家系としては完全にユダヤ系だということもこの記事ではっきりした。ラリーの母方の祖父はイスラエルのアラドに住み、母はユダヤ教徒として育てられた。ラリーの父もユダヤ系だが無宗教で、ラリー自身もバルミツバ(ユダヤ教の成年式)を受けてはいないという。

Mark Malseed記者は、Googleは2人の(あるいは何人でもよいが)ユダヤ人によって創立された史上最大の企業(のひとつ)であり、「悪をなさない」という律法的なモットー、従業員に対する家父長的な保護、技術部門では博士号取得者だけを採用するエリート主義、訴訟も辞さない強引な業務展開、などにそこここにユダヤ的色彩を濃く持っていると評している。

アップデート (2/18)

CNNによると、2月17日午後、サンフランシスコでエリ・ウィーゼル(78)を襲った男が逮捕された。ウィーゼルに怪我はなかったようだ。ウィーゼルは講演のためサンフランシスコを訪れていたが、滞在先のホテルで20代の白人男性がウィーゼルにインタビューを強要、エレベーターから無理やり引きずり出したという。反ユダヤ主義のhate crimeらしいが詳しい動機などは明らかになっていない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/31-9ceac6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
世紀のカップルにふさわしい盛大な挙式で、花嫁は白、花婿は黒、その他参列者約60人は全員水着着用でボードに乗り込み、式場の砂洲へ。途中、海に飛び込んで式場まで泳いだ客もい...
2007/05/18(金) 01:07:51 | Long Tail World
これはGoogle Earthで見たダルフール紛争の現場の画像。昨年のものだが、写真をクリックするとたくさん出てくる。Googleが昨日、米国国立ホロコースト記念博物館(解説)が展開している...
2007/04/16(月) 12:48:03 | Long Tail World

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。