上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Weblogs IncのファウンダーでMahaloのファウンダー&CEO、ジェイソン・カラカニスがメルマガで今回のアメリカの経済危機に触れ、「これを乗り越えるにはアメリカ人が120%働く以外ない。週休二日制を廃止して土曜も働け!」と叱咤している。

例によってジェイソンらしい極論に思えるが、考えてみると結局はそういうことになる。

働きより20%余計に10年間消費を続けてきたのが今の危機だとすると、消費を20%減らすか、働きを20%増やす以外ない。恐慌とはGDPの10%の減少だという。アメリカの消費が20%減れば空前の世界恐慌だ。それなら20%余計に働く以外ないことになる。

日本人もゆとり世代やニートをもっと働かせる方策を考えるべきなのか?

いずれにしても、言うはやすく…

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/303-099526d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。