上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔々、香港の某英国系ホテルのティールームで食べたきゅうりのサンドイッチが妙においしかったのを最近突然思い出して、再現を試みた。

サンドイッチ用のパンは手に入りやすいところではヤマザキのサンアローマがオススメ。松竹梅みたいに3種あるが、いちばん安い赤か、中等の青でよい。

061210_sunaroma_310.jpg

さて英国風サンドイッチの要点はパンをできるだけ薄く(英国の推理小説などでは「ハンカチみたいに薄く」と表現)切ることにある。家庭では円盤スライサーなんかないからここがいちばん難しいところ。

よく砥いだタコ引き(先が角ばった関東風刺身包丁)がベストだが、なければ波刃のパン切りナイフを用意。刃渡りは最低26~27cm必要。

心気を鎮めて静かに、かつ一息に切る。画像は2枚で40gちょうどに切ったところ。(ちょっと斜め切りになってしまったが、2枚合わせると目立たない)。クラフトの「切れてるチーズ」より心持ち厚め。タコ引きがないとこの厚さは普通ムリなので、2枚で50g以内ならまずよしとする。

061210_sunaroma_sliced_310px.jpg

きゅうりは薄く皮をむいて、これもできるだけ薄く小口切り。マヨネーズと芥子を小皿で混ぜ、パンに薄く塗り、きゅうりをはさんで耳を落とし、6つ切りに。好みで潰したキャラウェーシードをひとつまみ振ってもよい。

野菜系のサンドイッチにはキャラウェーシードが合う。SB食品のフォーションシリーズで種まるごとのがある。種そのままでは口ざわりが悪いし、潰すと香りがよく出る。まな板の上で頑丈な壜の底で叩くなどするが、あまり能率がよくない。

最近は乳鉢を通販で安く売ってるから、こんなのをhttp://www.natural-life.net/aroma/shopping/pro_mortar.htmひとつ買っておくと便利かも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きゅーりは味、香りとも淡白で何とでも相性がいいのでトマト、ハム、タマネギ、チーズその他いろいろと工夫できると思います。

トーストは微妙ですね~。チーズ、タマネギなど加わってる場合はトーストもいいですが、きゅーりだけだの場合、トーストではきゅーりのそこはかとない匂いが消されてしまうかも。
2007/01/02(火) 16:20 | URL | SocwebMaster #ylNT2hAA[ 編集]
ハムを一緒にはさんだらダメでしょうか.また,パンはトーストしてもいいんでしょうか.
2006/12/28(木) 17:28 | URL | Nanashi 2.0 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/3-d3faca64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。