上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月18日に予告した高橋信夫訳 Subject To Change -予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る(オライリー・ジャパン)だが、10/25ごろから書店の店頭に並び始めた。ジュンク堂新宿店では平積みと扱いもいいようだ。

本書は、情報アーキテクチャ、ユーザー体験で高い評価を得ているAdaptive Path社の主要メンバーが、変化の激しい市場環境で優れた製品・サービスを生み出す方法を書き下ろした書籍です。デザインの重要性を高める、顧客への真摯な共感を育む、単体の製品ではなくシステムとしてデザインする、アジャイルなアプローチを取り入れるなど、より優れた体験をユーザに提供するためのシンプルで強力な考え方を提供します。

日経BP経営とIT編集長の谷島宣之さんが「あなたも私も最高の“体験”をデザインできる」というコラムで本書を取り上げ、実体験に基づいた迫力ある書評をされている。良書に良い読み手がいて内容がいっそう深まるというかっこうの例だと感心する。

高橋さんはTechCrunch日本版の翻訳仲間で、2年ほど毎日いっしょに仕事をしている。お互いTechCrunchのリアルタイム翻訳のシフトに縛られているのでめったにオフでは会えない。しかし毎日Googleドキュメント上で作業のを見ているうえに、mixiの「マイミク」でもあるので、互いにかなり詳しく動静を知っている。

考えてみると、昔、勤め人をしていた頃、机を並べていた同僚についてもこんなに詳しくは知らなかった。インターネット、というよりソーシャル・ウェブの不思議である。

先週の土曜は珍しくタイミングがあって代々木のジョナサンで高橋さんとだべってきた。高橋さんは富士通OBで、ギズモード編集長のいちるさんとはニフティー担当として先輩になるのだそうだ。しかし富士通時代には会ったことがなくて、最近やっと名刺を交換したそうだ。こんどはぜひ飲み会やらねば、という話になった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/280-4139102a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。