上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・クレジオがノーベル文学賞を取った。ノーベル文学賞というのは誰も読まないし、それ以前に誰も聞いたことないような作家に与えられることになっている。名前くらいはちらりと聞いたことがある人間が取ったのは珍しい。

文学なんていうものは、先祖代々の財産があるか、官吏や教師など閑職のかたわらでなければできないというのが世界の常識だ。例外は英語と日本語くらいのものだ。だからヨーロッパの文学者の英米の文学者への嫉妬はものすごい。ノーベル賞選考委員は「あいつらは大金を稼いでいやがるのだから賞なんかやるものか」と固く一致団結している。(ハロルド・ピンターは過激反米主義が買われた。ドリス・レッシングは―ま、女性が受賞する年だったのだろうw)

そういえば、今日の平凡社によると、サービスセンターに「どうする、語りの現在」という本の注文が来たが、実は正解は『ドゥルーズ/ガタリの現在』だったそうだw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/268-0c4c2216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この世を去った元TBS人気女子アナウンサー川田亜子 。本当に美人でスタイル抜群! 川田亜子といえばなんでもいちいちエロく例えてくれ、楽しま...
2008/10/13(月) 17:56:04 | 川田亜子ぶろぐ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。