上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魯山人の美食」の書評を書いたところ、平凡社のブログで取り上げていただいた。

このブログ、実は営業部発だ。大手出版社で営業部ブログがあるのは珍しい。しかも内容がちゃんとブログになっている。企業ブログはブログといってるだけで要するにプレスリリースを姿を変えて羅列してるだけ、という例が多い。それでは誰も読みはしない。

外部の社会との対話は広報室のような専門組織と広告代理店任せでよかった時代は終わりつつある。インターネット社会の実践はなにはともあれブログから始めるのがよいと思う。

ちなみに、アメリカのSEC(証券取引委員会)は「法定企業情報開示の媒体として企業ブログを認める」という画期的な決定を発表した。さらに「別途定める場合を除き、情報開示の表現(レイアウトなど)は従来の紙媒体によるものと同一でなくてもかまわない」とした。

これによってアメリカの企業情報の流通のエコシステムが大幅に変わる可能性がでてきた。新聞の凋落傾向がさらに加速するのはもちろんだが、FacebookやMySpace上の企業プロフィールページを利用した情報開示が公認されることにより、SNSの価値がさらに上昇するものとみられる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/221-6d61ea00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。