上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080731_rikenkobu.jpg

和食が面倒なのはいちいち出汁を取らねばならないところだ。鰹出汁はまだしも、昆布は出汁を取った後の昆布の始末に困る。煮物や佃煮にするなら醤油を効かせなければならず、無用に食塩を摂ることになってしまう。

従来のインスタント出汁もほぼ3分の1が食塩だ。一日の摂取量の目標が6.3gとされているが、インスタント出汁を15g使ったらそれだけで食塩を5gも取ることになってしまう。これに醤油、味噌などを加えると軽く10gを超えるはず。

去年、リケンの「素材力」シリーズを発見した。効能書のとおりなら、「食塩、化学調味料をいっさい使用しておりません」ということだ。しかも昆布エキスと昆布粉末が原料なので、不足しがちなカリウムも摂れる。食塩を使っていないので使い切りのスティック包装で痛むのを防いでいる。

ということで、昆布出汁、イリコ出汁など、「素材力」シリーズを愛用している。さすがに香りは本物を使ったようなわけにいかないが、魯山人には内緒だが、味は普段の料理には十分と思う。

これで無塩ないし微塩のトリガラ出汁があると理想的なのだが。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/219-5a91b025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。