上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースを見ようとチャンネルを切り替えているとちらりと「ジョー・マクドナルド」というテロップが目に入った。引退した高校教師風の初老の男がジャニスという昔の恋人について語っていた。

ジャニス? ジョー? しかしやっぱりジャニスはジャニス・ジョプリンのことで、インタビューされているのはカントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュのジョー・マクドナルドだった。このバンド名に覚えがあるようだったら歳が知れる。ウッドストック世代だ。

番組はNHK制作で、初期の恋人、ジョー・マクドナルドと最後の恋人デビッド・ニーハウス、それに最初のバンド、Big Brother and the Holding Companyの友人たちの座談会だった。

容姿へのコンプレックス、いじめに遭った高校時代、婚約するが、相手に裏切られる…一夜にして大スターへ…ジョー・マクドナルドとの別れ、ヘロインとアルコールの乱用、その場限りの男遍歴、バックパッカーのデビッド・ニーハウスに出会うが、これもヘロインが原因で去られる…そして27歳でレコーディング中にヘロイン中毒で急死。思い出せば多くは当時から流れていたうわさではあった。しかし目の前で当事者が語るのを聞くとおもむきはまるで違う。映像(ことにHDTV)の力はすごい。

映画「ラストワルツ」でThe Bandのロビー・ロバートソンが「なぜ解散するのか?」と尋ねられて「こんな生活は不可能だからさ。見ろ、みんな死んでる…ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン…」と答えていた。調べてみると、ジャニスが死ぬ直前、The Bandは「フェスティバル・エクスプレス」という列車でカナダを横断するツアーでジャニスと共演している。なるほど…

「クライ・ベイビー」ではネパールのカトマンズが歌われている。これはバックパックの旅に出たデビッド・ニーハウスの目的地で、ジャニスは最後までニーハウスを愛していたようだ。しかしニーハウスはアフガニスタンのカブールのホテルでふとTime誌を目にする。そこにジャニスの写真が掲載されているのを見てニーハウスは一瞬で事態を悟ったという。

やがて香港にたどり着いたニーハウスはレコード屋で店員に頼んで死後にリリースされた最後のアルバム、Pearlをかけてもらう。店員が針を落とすと、そこには自分のことが歌われていた。「ぼくは普段は感傷的な人間じゃない。が、このときは泣いた。今でもジャニスの話はつらい」とニーハウスは涙ぐんで語っていた。

しかし、この番組、よくこれだけなにもかもさらけ出した証言が撮れたと感心する。こういう番組を作ってくれるならNHKに金を払うのも仕方がないか、と思わせる力作だった。

HV特集 世界のディーバ 男と女の物語「ジャニス・ジョプリン 恋人たちの座談会

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/211-d4375074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。