上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本からTechCrunch50カンファレンスに応募しよう」というプロジェクトを仲間と手弁当で始めた。その件で6/6(金)には本郷キャンパスを訪問してセールピッチ。考えてみると用件で訪れたのは卒業以来これが初めてだ。敷地内の学士会館の分館でビールを飲んだことはあるのだが、どんな事情だったかすでに記憶が定かでない。

ちょうど夕暮どきだったので技評の和田副編を「呑喜」へご案内しようと思い立つ。創業は明治時代というおでん屋だ。この界隈を代表する老舗である。実は学生時代は「呑喜」はちょっと敷居が高くて(客の年齢層、料金ともやや高め)先輩に連れられて数回来ただけだった。おでんというとこの近所で、痩せた婆さんが1人でやっているもっと小さな店を愛用していたのだが…どう考えても何十年も前になくなっているはず。が、本郷通りを下っていってなかなか呑喜が見つからない。農学部の前あたりと思っていたので焦りかけるが、携帯で調べるともう少し先だった。

ご主人はますます健在、壁も木のカウンターもいい具合に時代がついている。大鍋に汁がなみなみとはられてタネがゆらゆらしている。鍋が深く、濃い口醤油を使っているので汁は真っ黒に見えるが、実は鰹出汁の薄味でさっぱりしている。汁が濁るのを嫌ってイモはジャガイモを使うところが多いのに、ここはサトイモを使っているのがうれしい。(吉田健一の「東京の昔Amazon)」に出てくる「本郷のおでん屋」はここだと一人決めにしている)。


周りからそこはかとなく聞こえてくる会話もいかにも学生街で、こちらも、レヴィ=ストロースの「野生の思考」の読書会をこのあたりの喫茶店でずいぶん長くやったことや、そのメンバーに呼ばれてよその学部の学科祭で「存在と無 Ⅰ」をタネ本に現象学についてずいぶん真面目にレポート発表をしたのを思い出した。

ただ本郷通もご多分に漏れずかなりシャッター街になっている。名前を覚えている店で残っているのは「呑喜」の他には読書会の会場によく使った喫茶店の「ルオー」ぐらいだった。「呑喜」のご主人は「学内の食堂が良くなりすぎて学生が外へ出て来なくなったんです」とおっしゃっていたが、もう一つ、学生が大学の周りに用もなく一日中たむろしていることが少なくなったんではないかという気がする。一種のサラリーマン化が進んでいるのではないか? 

看板まで粘って表に出ると南北線の「東大前」がすぐ目の前で、市ヶ谷からわずか3駅目だった。これだと技評にお邪魔した帰りに寄るにもなかなか工合がよいと気づく。うーむ。学生時代に煙たがっていた客層に仲間入りか…

呑喜 
採点:★★★★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本郷の『呑喜』の近くの飲み屋さんでお勧めは、本郷通りを駒込方向へ歩いて文京学園大に沿って左折する路地を入ってすぐ見える『天清』と言う天ぷら屋、と言っても天ぷらは小さく(一口大)刺身やツマミがいろいろあり、酒もビール~ワインと幅があり、小腹を少し満たして安く美味しく気軽に使えます。
2008/06/18(水) 07:18 | URL | ティコティコ #3rKC3J2Q[ 編集]
>細路地を入った右側に
それです! 「よりみち」でしたか。おでんの他にはつまみといってもお浸しとか、きんぴらとかそんなものが1,2品くらいだったような。なつかしい。南洲屋はたぶん行かなかったと思います。この界隈でおすすめの飲み屋があったらご教示ください。
2008/06/17(火) 13:07 | URL | namekawa #-[ 編集]
文中の『おでんというとこの近所で、痩せた婆さんが1人でやっているもっと小さな店を愛用していたのだが・・・』というのは呑喜の近くの細路地を入った右側に有った『よりみち』という店ではないでしょうか、ガラス戸を開けるとカウンターになっていておでんの鍋があり簡単なつまみで酒が飲めた小さな店でしたチョッと隠れ家風で懐かしい店です。また呑喜の斜め前に有った『南洲屋』にはいらっしゃいませんでしたか?
泡盛と肉豆腐の鍋が美味しい店でした。10数年前に閉めてしまい残念です呑喜も跡継ぎが居ないようで今の代で終わるのでしょうか・・・
私は家が近いのでときどき晩酌代わりに使わせて頂いております。
2008/06/12(木) 15:28 | URL | ティコティコ #3rKC3J2Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/207-9f1b5107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。