上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地の場外で買った焼き網(というか鉄板)が写真手前。鉄弓の役をする枠つき。

サンドイッチ式の焼き網ではさんで鮎を焼こうとしているところ。踊り串を打ったほうが姿がいいが、ワタを傷つけると焼いているうちにすっかり流れ出してしまう。素人は網のほうが無難か?

上から古い鍋(行平やフライパン)をかぶせると上下から火がまわってうまく焼ける。鮎や秋刀魚などの場合、落ちた脂に火がついたらすぐに消せるようにウチワを手近に用意しておく。(放っておくと真っ黒に煤けてしまう。)

奥に見えているのはマーブルコートの炒め鍋。プラチナコートのテフロン加工よりはるかに滑りがよい。使い始めてまだ2ヶ月くらいなので耐久性は未知数だが、そう急に劣化するようすはない。値段は高級テフロンより安い。

2008_05240002
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/200-1e35041a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。