上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近(12/5)、GmailにMail Fetcherという機能が追加された。Gmailから他のアカウントのメールを読みに行くことができるようになった。(ただしPOP3アクセスが可能なアカウントのみ)。管理人のアカウントではまだこの機能は有効になっていないが、順次サービス範囲を広げるということなので期待して待とう。

今まではGmailでYahooメールを読もうとすれば、Yahooメール側のメールオプションでGmailアカウントへの常時転送を設定する必要があった。もし企業内のメールサーバなどで常時転送の設定ができない場合には処置なしだった。

Mail Fetcherは転送ではなく、POP3プロトコロを利用して指定されたメールアカウントへメールを読みに行く。この点OutlookExpressのようなデスクトップメールクライアントとまったく同じ機能だ。

Mail Fetcherを解説するGmailのヘルプ

http://mail.google.com/support/bin/answer.py?ctx=%67mail&hlrm=en&answer=21288

  • Settings → Accounts.→ Get mail from other accountsAdd another mail account.
  • メールアドレスを入力→Next Step.
  • Gmailが UsernamePOP Serverを自動判別→ Password入力→Add Account
  • Gmail内から他のアカウントのメールを発信したければFrom addressのカスタマイズにYes →設定

こういった流れになるようだ。

これで従来Gmailを使い始める際の最大の問題だった、従来のアカウントからの移行問題が解決する。つまり従来のメールアカウントはまったくそのままで、Gmail内からGmailも従来のアカウントも読み書きできることになる。Gmailの優位性がますます強まった。

Techcrunch 日本版にMail Fetcherの記事が。マイクも絶賛。おお、Gmailはこれで完璧になった

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/2-a47db7e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。