上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのミュージシャンがイギリスで人気のあるSNS、Beboが8億5千万ドルで買収されたことに腹を立てて「分け前をよこせ」という文を書いてNYTに載せた。

これに対してTechCrunchのマイク・アリントンは「デジタル化でコピーコストがゼロになった以上、パッケージの価格は必然的にゼロに近づく。これからの音楽ビジネスはパッケージ販売からライブパフォーマンスにシフトする。いつまでパッケージで昔どおり金が取れると思っているんだバカ」と罵倒している。

一方日本ではJASRACに飼われた役人がISPを脅迫して「ネット検閲」でパッケージ・ビジネスに人口呼吸器をつけて延命治療しようとしている。(4月からISPが違法ダウンロードを監視、発見するとインターネット追放)

これは死に体の銀行その他を延命させてバブル後遺症を20年も続けたのと同じ愚行だ。

サブプライム問題も結局いちばん後遺症が長引くのは日本だろうと海外投資家の意見は一致している。ベア・スターンズを一挙に破綻させるところにアメリカの強みがある。

建築基準法改正で住宅が建たない、未成年者規制で携帯コンテンツ壊滅。

The Timesあたりでも去年から「Kanseifukyo=官製不況」という言葉が使われている。 http://business.timesonline.co.uk/tol/business/markets/japan/article3073560.ece

ガラパゴスの闇ますます深し。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/179-bf4dcc0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。