上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年5月にGoogleの共同ファウンダー、サーゲイ・ブリンと結婚したバイオ・ベンチャー投資家のアン・ウォイチェスキー氏が立ち上げた23andMeは世界初の個人向けDNA解析サービスだ。当初は「サーゲイが奥さんにつきあって遊んでいる」程度の扱いをされていたが、ここにきてとうていそんなものではないことが明らかになってきた。創立わずか1年で事業の整備のスピードは驚異的だ。

1000ドル払うと、プラスチックの容器が送られてくる。唾を吐いて送り返すと数週間で驚異的に詳細な分析結果が送り返されてくる。

なるほど1000ドルは誰もが気軽に払える金額ではない。しかしこういう自動的な分析作業は典型的にスケールメリットが出る分野だ。日本円にして数万円程度にまで料金が下がるのは時間の問題だろう。

DNA解析によって疾病リスクを本人に知らせることで医療費の大幅削減が期待できるかもしれない。仮に検査費が2万円に下がった場合、日本国民全員を検査しても2兆円「しか」かからない。

ここからさまざまな悲喜劇、軋轢が生じることは想像に難くない。DNA情報が結婚の機会に作用して一種の露骨なダーウィニズムが復活するのではないか? 

逆に、そういう懸念から遺伝疾患の患者側が強く反発することが考えられる。しかし保険財政が(現在予見されているとおり)実際に破綻状態になってしまえば、背に腹はかえられなくなるだろう。

いずれにせよGoogleが現在このビジネスでまたも先手を取ったことはたしかだ。

しかしGoogleのデータベースに全人類のDNA情報までが格納されることになると…?

Googleはいろいろな意味でたいへんユニークな企業だ。自社の使命を公式に「地球上のあらゆる情報の組織化」と位置づけている。言い換えれば「遍在する全知」たらんとしている。控え目に言っても野心的な目標である。

人類史上もっとも強力かつ精緻に組織された団体であるカトリック教会も、さすがにその目的は神と人と媒介することで、自ら「神になること」を目指した組織はGoogleが最初だろう。しかも着実な足取りでそこに向かっているように思えるのが怖い。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/177-1476a45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。