上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリエイティブ・コモンズ Creative Commonsの主唱者として知られるStanford大学ロースクールのレッシグ Lessig教授が「金権政治」の改革を訴えるために連邦下院に立候補するかもしれない。レッシグは「アメリカの政治の世界で何かを変えるためにはまず現在の金権政治のシステムを変えるしかない」と主張していた。
たまたまカリフォルニア選出の下院議員が死去したため補欠選挙が行われることとなり、Facebookその他でレッシグ教授担ぎ出しの「勝手連」が形成され、教授本人の動向が注目されている。 アップデート:

結局、レッシグは出馬を見送った。相手がたいへん人気のある民主党選出の州議会議員スパイヤー氏で、大敗すると運動のイメージダウンになると判断したもよう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/176-f375b6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。