上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやらYahooの取締役会はMSの提案を拒絶することにしたようだ。買収提案発表以来、すでに13%も下げていたMSの株価はさらに下がるかもしれない。Yahoo買収の代金はキャッシュとMSの株を充てることにしているから、MSの株が下落すると資金負担はさらに増える。さすがのMSにとっても80億ドルの損となると頭が痛いだろう

しかしMSは負担が耐えられないとみたら提案を撤回すればすむ。多少時間がかかっても株価はおおむね元に戻るはずだ。一方Yahooにはどういう成算があるのか?

このまま収益が改善しなければ数年後にはハゲタカ・ファンドの餌食になって細切れにされて叩き売られてしまうだろう。

ではGoogleに広告部門を任せるか? 短期的には収益は改善するだろうが、実質的にはGoogleの子会社化への道だ。しかも独禁法による規制のためGoogleが正式にYahooを買収できる可能性は(MSのバルマーがつとに指摘したとおり)ほとんどない。

Googleは買収という資金負担なしにYahooを意のままにリモコンできることになる。

MSのYahoo買収というのは堕地獄寸前のYahooに垂らされた救いの糸だ。もちろん上で糸を握っているのがバルマーだから決して極楽への道ではないが、他の道と比較すればいちばんマシな選択のはず。

結局ファウンダー、ジェリー・ヤンの個人的なプライド(とMSへの嫌悪)が最大の問題ではないのか?

ラリーとサーゲイは笑いがこらえきれずにいるだろう。こうなってくると、何がどう転んでもGoogleには勝ちだけあって負けの目はない。

アップデート:英国のTimesによると、YahooはAOLとの合併を考えているという。もし事実ならジェリー・ヤンはAOLを飲み込むことでMSによる買収のメリットを消す―ポイズンビル―ことができると考えているのだろうか?

Yahooの経営を改善するという方向からいえば本末転倒だ。しかし創業者の肥大したエゴで危機に陥る会社は数多くある。というより一代で急成長した会社が失墜する原因の半分以上がそれかもしれない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/172-762ab719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。