上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeで香港の旧Kai Tak国際空港に着陸するKALの747の動画をみつけた。山をぎりぎりで越してから右旋回で急降下、滑走路上でS字に左旋回してタッチダウンという荒業だ。

スレッショルド(ここより手前に着地しなくはいけないことを表示するクシ形の白ペンキ塗りの表示)の真上に降りてるうえに、その時点では旋回中の姿勢のまま右翼、右車輪が上がっているところにご注目。数10m滑走した後で無事に水平姿勢に戻っている。

香港には啓徳時代に2度行って、そのたびにパイロットの腕に感心した。目の前、というより、目線より上、手を伸ばせがとどくかと思うほど近いところを庶民のアパートの洗濯物が飛び去っていくのはスリリングだった。閉鎖の前に飛行機の着陸だけをじっくり見物に行きたかったのだが、都合がつかず、今でも残念。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/154-1e8a9456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。