上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滑川海彦の ソーシャルメディアメモというブログをデメ研で始めた。

「人間はその本性からしてソーシャル・アニマルである」 (アリストレス)―「1対不特定多数一方通行」のマスメディアに対して、個人の顔が見える対話的なコミュニケーションをソーシャルメディアと考えてみてもいいんではないかと思います。ソーシャルメディア的現象をあれこれメモしてみます。

―というような趣旨。

橘川幸夫はロッキングオン以来、断続的ながら30年以上のつきあい。創刊後1年以上、初期のロッキングオンは橘川が写植を打っていた。ときどき自分の原稿も写植機で打ち下ろしていたと思う。今のようなディスプレーなどはまったくなくて、打った(はずの)場所に青いインクで印がつくだけという原始的なシステムでよく文章が打ち下ろせたものだ。あまり推敲するタイプの書き手ではないからできたのだろう。考えてみると今でもそのようだw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/115-febe2670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。