上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WEB2.0は単なる流行語ではなく、ウェブのソーシャル化、サービス化の動きとして考える必要があるように思われます。
通信インフラの高度化、パソコンの能力の進歩にくわえて、Googleを始め、検索エンジンによる高度なインデクシング能力をベースにしたオンライン広告のもたらす収入とがあいまって、ブログやGoogle Docsのような共有サービスなど、強力なソーシャルサービスが誰でも無料(ないしごく低価格)で使えるようになってきました。今やウェブは社会の基幹メディアになりつつあるといえるでしょう。 アリストテレスがつとに「人間とはソーシャル・アニマルである」と定義していますが、ウェブという新しいソーシャルメディアを得てわれわれの世界が(良くも悪しくも)どう変わっていくのか、注目していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://socweb.blog80.fc2.com/tb.php/1-eb676304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。