上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、高級コンデジ/初級デジイチのあたりのカメラが気になっている。リコーGR3パナソニックDMC-GF1CキヤノンEOS Kiss X3の3機種だ。GR3はコンパクトのトップエンド、GF1Cはマイクロフォーサーズ、X3はデジイチのエントリーモデルのそれぞれ代表と思われる。

私的なスナップだけなら軽く、明るく、高画質と三拍子そろったGR3が魅力的だ。しかし用途として普通のスナップの他にブログ素材に使うイベントの記録があるので迷う。カンファレンスでステージを撮る場合は最前列からでもワイドレンズでは苦しい。35mm換算で200mmは欲しい。するとやはりデジイチになる。

大型コンデジなみというマイクロフォーサーズのGF1Cのコンパクトさも魅力的だが、望遠ズームをつければやはりそれなりのサイズになる。無論ポケットに入れて持ち歩ける大きさではない。Kiss X3はデジイチとしては540g(ボディー)と軽量でパーティーなどに持ち込むにもそれほど苦にならそうだ。キットのレンズはあまり明るくないが、レンズ内蔵手ぶれ補正でかなり暗い場所にも対応できるようだ。交換レンズを漁り始めるとキリがないが、キヤノンの場合、EF50mm F1.8が1.8万と驚異的に安い。

X3は動画機能もあるが、外部マイクが使えず、AFも基本的にマニュアルらしいのでやはりオマケと考えるべきだろう。ただしインタビューの記録には便利かもしれない。とにかくないよりよい。

X3と同クラスには各社ともエントリー・モデルの主力がひしめいているので、それぞれ比較し始めるとキリがない。しかしざっと情報を集めたところではやはりキヤノンは総合的に破たんなく製品をまとめているような印象だ。

もっとも今使っているFinepix F100fdもよくできたコンデジで、まったくカメラまかせでポイント&シュートしてそこそこの写真が撮れる。デジイチとなれば能力を生かすためにはユーザー側でも少しは勉強しなければならない。また携帯性の問題もある。いくら良いカメラでも手元になければ何も撮れない。

GR3がせめて2倍ズームだったらよいのだが。もちろん、あれだけの高画質をポケットに入るコンパクトなボディに押し込むことに成功したのは固定焦点という大胆な割り切りがあったからだろう。しかしいつかはGRズームも可能になるのではないか?

一方でWin 7の登場で中級ノートが使いものになるようになるはずなので、その予算も用意する必要がある。こちらは仕事の効率に直結する道具だから、おろそかにできない。

やはりカメラは後回しか?

スポンサーサイト

この6月に17年乗った三菱ランサーがご臨終。コルト・プラスに買い替えを迫られて約3月。気づいてみると3000Km近く乗っている。結論からいえばこれはよくできた車だ。

何よりよいのはゆっくり流しているかぎり1.5リッターの1.5ボックスとは思えないほど静かなことだ。60km/hは1200回転前後で、このあたりだとエンジン音はほとんど聞こえない。80km/hくらいでも普通の声で会話できる。高速に入るとさすがにロードノイズが加わってかなりの音になるが、疲れるほどではない。

最近トヨタ・ベルタ(ヴィッツのセダン版)を運転する機会があったが、こちらは1.3リッターだが、価格帯ではかなり近い。しかし、その内装のチープさと、何より、うるささには辟易した。もっとも低速からうるさいのでアクセルを深く踏むのに抵抗がなく、感覚的にはキビキビ走れる。コルト・プラスは2500回転あたりから相当勇ましい音になり、思わずアクセルを戻してしまう。もちろん安全運転と燃費の見地からはそのほうがよい。

リモコンキーで作動する電動テールゲート、ライトのオートコントロール、車速感応式間歇ワイパーなどはカタログで見ると「別になくても困らないし」という印象だが、実際に使ってみると非常に便利だ。テールゲートを開くと母は先端に手が届かないので、リモンコン電動テールゲートがなければ大いに困るところだった。ライトの自動点灯もトンネルが連続する山道では激しく便利。

最大の欠点はAピラーで隠される範囲が広いことだ。もっともこれはコルト/コルト・プラスに限らず、最近のスラントノーズの1.5ボックス全般の問題だ。ご覧のようにエンジンフードからそのままの角度で屋根までつなげるためにAピラーは長くなり、強く寝てしまう。また強度を得るためにかなりの太さになる。

2009_07140002_coltplus

最悪なのが上りの右ヘアピンで、Aピラーでまったくブラインドになってしまう。やむなく上体を左前方に大きく乗り出して先を確認することになる。リアウィンドウも小さめで、その他全体に見切りはよくない。後付けでリアビューカメラがつけられないか調べてみたが、現実的でないことが判明した。

あと乗り始めた当初は電動パワステのアシストがやや不自然なのが気になった。センタリングが弱く、低速で直角に曲がった後などは手で積極的に戻してやる必要がある。もっともこれはしばらく乗っているうちに気にならなくなった。直進性はよい。ステアリングの反応も必要十分。ただしランサーから乗り換えると着座位置が10cm以上高いせいもあってロールを大きく感じる。アンダーもやや強いようだ。流れの速い首都高で他車と並走しながらカーブに入るときなどは、古い非力なランサーの方が心理的に楽だった。

スタイリングは好みの分かれるところだろう。というか、はっきり言ってリアの処理があまりスマートとはいえず、全体にダンゴ虫のようなやや間抜けな印象がある。

後席を倒すと広く完全にフラットなカーゴ・スペースが現れる。夏には日よけ用の6尺のヨシズを6本が楽に載り、さらに助手席のシートバックを後ろに倒すと8尺のヨシズが積めた。フラット荷室は老犬を獣医に連れていくにもよい。荷室後端の床を30cmほど下げることもできる。天地のある荷を載せるためだというが、スーパーの買い出しなど普段のお使いには下げた状態の方が荷が踊らず便利だ。実用性についてはまったく文句ない。

三菱車は断続的に20数年乗っているが、運も良かったのだろうが、面倒なトラブルには一度も遭っていない。今後もそうあってもらいたいものだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。