上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この頃、天ぷらの揚げ方に自信がついてきた。音、泡の出具合、匂いで揚がりぐあいがかなりわかるようになった。エビ、ホタテ、ナス、大葉のような定番は十中八、九満足いく。冷凍ブラックタイガーでも好みの火の通り具合で揚がったのを熱々で食べればそれなりにうまい。

昔から天ぷらには目がなく、学生時代の天丼いも屋から始まってつな八、ハゲ天、天あさ、と天ぷら屋にかなりのお賽銭を払ってきた。投資の甲斐があったか。

蕎麦は昔からひいきにしている製粉所の業務用乾し蕎麦。長さが40センチ近くあって手繰りがいがある。もちろん味も乾し蕎麦としてはトップクラスだ。

2009_06300004
スポンサーサイト

前項にひきつづき、天ぷらの揚げ方を少々。

煮物は多少煮過ぎても味が大きく変わることはない。角が崩れたり煮汁が煮詰まるなどあっても大勢に影響ない。焼き物は焼き過ぎれば焦げるし、身がぱさつく。焼きが足りなければ生で、ちょうどよいころ合いの時間の幅は少なくなる。これが揚げ物になるとタイミングがさらにシビアになるので日曜料理人には敬遠する向きが多い。

しかしこれもやってみればそう難しいものではない。要は慣れだ。失敗を恐れず挑戦していればそこそこのレベルに達するのに30回もかからないだろう。

以下、天ぷらの揚げ方のヒントを思いつくまま。ただしこれは「しゃりっとした薄い衣」の天ぷらの揚げ方だ。外で食べる分にはどてらを着た伝統的天ぷらもそれなりうまいが、家で再現するのは難しいと思う。(またカロリーが高くなる)

・天ぷら温度計は必須。精密機器ではないから目盛の表示温度が実温度ではない。何度か実際に揚げて目分量でカリブレーションしておく。

・魚介類はできるだけ高温(190度前後)で揚げる。掻き揚げ、でんぷん質の野菜(カボチャ、イモ類)は160度くらいで揚げ始め180度くらいに温度を上げてからっとさせる。

・天ぷら鍋の上で油を切ると温度が下がらないので油切れがよい。

・食事の準備は天つゆ、冷えたビールなどすべてすませ、揚がると同時に食卓に出して食べる。

・野菜は少し甘口の天つゆ、魚介は塩が持ち味を生かすと思うが、これも好み。

・衣は生クリームに牛乳を同量加えたぐらいのぴしゃぴしゃの薄い衣が揚げやすい。粉はなんでもよい。市販の天ぷら粉を使ってもいいし、小麦粉と卵でもいい。実は薄い衣の場合、小麦粉だけでもさほどできは変わらない。

衣をつける前に素材に十分に粉をまぶす。

掻き揚げの場合、素材に粉をまぶした後、卵液を少量かけて手でほぐす。そのあとで衣を加え、ざっと混ぜる。卵液がつなぎになって散りにくくなる。

・火の通りぐあいは、素材の浮きぐあい(火が通ると浮く)、泡、匂い(揚がると香りがしてくる)、箸で触れた感触などで判断する。

・特に重要なのが泡の出方。最初は衣から出る微小な泡が素材を一面につつむ。やがて素材が熱せられると水蒸気が小さな泡になって出る。加熱が進むと大きな泡になり、素材の水分が抜けてくると泡がまた小さくなる。素材の種類と好みによって引き上げるタイミングを覚える。

・魚介類は余熱を考える。キスやメゴチなどは少々揚げ過ぎてもよいが、エビは身が真っ白になっていては揚がりすぎ。プラスチック消しゴムのようにやや半透明な白になるぐらい、ホタテはまわりが2mmほど白くなり、中心が生でほんのり温かく(45度-50度)なるくらいが甘味があっておいしい。

・高級専門店は別として、普通の店では大量の注文を短時間にさばかねばならないので、油の温度を素材ごとに厳密に最適化できない。その点、自家製天ぷらの方にアドバンテージがある。

・最初にイモ、カボチャなどでんぷん質の野菜を最低温で揚げ、次にやや温度を上げてナス、シイタケなど。掻き揚げは低温→高温で揚げる。次に高温のままキス、メゴチなどを揚げ、次にホタテ、イカを手早く揚げて、余熱で火を通す。最後に最高温でエビを一瞬で揚げ、大いそぎで食卓へ。

・あまった天ぷらはラップをかけて冷蔵庫で保存。オーブンレンジで5分ほど再加熱して茶漬けにすると翌日の軽食によい。ナスの天ぷらはコブ出しで煮びたしにしたのもおいしいので大量に揚げておいてもよい。

天ぷらは段取りに慣れれば短時間で調理できるのもよい。あらかじめ蕎麦汁を用意しておけば、前の記事で写真を載せた天ざるなど冷凍庫を開けてブラックタイガーを取り出してから食べ始めるまで15分くらいのものだ。エビ天丼ならもっと早くできる。安い素材を手早くおいしく食べるのに天ぷらは絶好だ。ぜひ挑戦していただきたい。

わが家の最長老、ビアデッドコリーのキャサリン(16歳)が急に苦しみ出してあわてる。一時はどうなることか思ったが、どうやら命に別条なさそうなようすになったので、「東京ブックフェア」へ。

そんなわけで出遅れたために時間がなく、今年は平凡社のブースで下中さんと会って会場をひとまわりしただけに終わる。 2009_07120012

どのブースも不景気ムードでバッグを配っていないのでがっかり。こういうときこそ派手なバッグを配ればおおいに目立つのに気がきかない話だ。しかし一方で会場の一隅ではウィリアム・ブレイクの詩画集やウィリアム・モリスのケルムスコットプレスの完全復刻版が出品されていた。ブレイクは25万円也だが今日1冊売れたとか。写真を撮っておくのを忘れた。

近所の蕎麦屋で下中さんとSF談義。コードウェイナー・スミスことポール・マイロン・アンソニー・ラインバーガー博士を顕彰すべきこと、殷の青銅器とマヤの石像のデザインが空間恐怖症的で似ているのは両文明の人肉嗜好と関係があるはずなこと、などを論じる。

その後高円寺へ。東京には通算25年くらい住んでいて、ずいぶんあちこち歩き回る仕事をしていたこともあるのだが、なぜか高円寺には縁がなかった。降りたのはこれが初めて。北口から阿佐ヶ谷方面に向かうと車道にはみださんばかりに椅子とテーブルを並べた露天の焼鳥屋が並んでいるのにまず驚く。JR中央線のガード下(正確には高架下)が戦後の臭いを残す飲食店街(それに古本屋が混じる)になっている。

そのガード下商店街の外れに高円寺ワークショップという謎のスペースがあって、例によって橘川幸夫が顧問になって、「高円寺ガード下大学(ガー大)」というのをやっているらしい。そのイベントとして橘川と小林弘人氏のトークライブがあるというのでやってきた。

橘川の自己紹介が暴走、30分たってやっと東中野駅前の橘川の写植屋の仕事場兼住居にロッキングオンの編集部が同居を始めたあたり。コバヘン氏がなんとか手綱を引いてメディア問題に話をもどそうと苦闘されていた。

2009_07120026

橘川、柴田さんはじめ日販のみなさん、近く起業家に転身する某氏らと北口近くのバーミィーへ。サンミゲルを2本飲んだところでタイムアウト。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。