上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipediaのジミー・ウェイルズが「Googleのライバルになる革命的な人力検索エンジン」と宣伝して準備してきたWikia Searchのアルファ版が公開された。日本語版はこちら

これに対してTechCrunchのメイン執筆者2人はいずれも否定的な評価を下している。ダンカン・ライリーは「不満足な仕上がり」と評し、編集長のマイク・アリントンは「完璧な落胆」と酷評した。

実際にサイトを訪問してみると、「人力検索」というのは専門の検索者が検索するというわけではなく、多くのユーザーが自分の検索結果を少しずつ改良して他のユーザーと共有するという「検索SNS」、あるいは「大衆向けWikipedia」を志向しているらしいと分かる。それなりに面白い試みだ。(ただし、まだこの「人力」部分は実装されていない。)

「完璧な時間の無駄」と罵倒するのは、いかにも直情径行のマイクらしいが、アルファ版ということを考えると、いささか気の毒な気もする。

マイク(に限らずシリコンバレーの非ギーク関係者は)は「革命的な検索エンジン」という言葉に弱い。すわ、第2のGoogleか、と色めき立つのだが、実際にモノが出てくると期待が大きかった分だけ失望する。しかし、そもそも検索エンジンと聞いただけでGoogleになりえないと分かるべきだろう。

時代のパラダイムを作るような企業に「第2の」はない。マイクロソフトは「第2のIBM」ではなかったし、Googleは「第2のマイクロソフト」ではない。マイクロソフトはIBMが君臨するメインフレームという世界自体を打ち壊した。Googleはマイクロソフトが君臨するデスクトップという世界自体を打ち壊しつつある。

Googleを打倒するような企業がいつか現れるのは必然だが、それは「第2のGoogle」ではありえない。「検索エンジンをベースにしたインターネット広告」というパラダイム自体を無効にするような革命的なテクノロジーとビジネスモデルが生まれなければGoogleに脅威を与えるような企業は生まれない。

しかしWikia SearchはPowersetのような検索UIの(ある意味無駄な)小改良に比べれば、「群衆の英知」を利用しようとしているだけに、「群集」が実際に集まってくればそれなりに面白いことになる可能性はある。1年後にどこまで成長しているか(いないか)、注目だ。

スポンサーサイト

ファウンダーのエバン・ウィリアムズが11月に渋谷のWeb2.0 ExpoでTwitterのトラフィックの20%は日本から来ていると言っていたが、伊藤穰一氏が取締役をつとめるデジタルガレージと提携してTwitterの日本語化をすすめている。

英語ブログのAsiajinによるとデジタルガレージは10万ドルを超えない金額をTwitterに投資したとのこと。

デジタルガレージはカカクコムの親会社だから絶妙の投資。携帯APIから「食べログ」その他カカクコム参加の読者参加型サイトと連動させれば一気にキラー・アプリにブレークする可能性がある。

071229_aodai_02.jpg

そういえば報告が遅れたが、旧年暮れも押し詰まってからAsiajinローンチ・パーティーに参加してきた。サイボウズの秋元さん、メロウトーンの新井さんの呼びかけで集まったメンバーはドイツからの留学生あり、海外帰国子女あり、東南アジア・バックパッカー・プログラマーあり、多士済々。たいへんおもしろかった。みなさんあけましておめでとうございます。こんごともよろしく

071229_aodai_03.jpg

071229_aodai_01.jpg

底魚がおいしい季節だ。金目も脂がのってうまい。そうとう強気な値段がついているのが玉にキズだが、たまには金目で豪華版の煮付けもいいだろう。

姿煮にするなら鍋の寸法を考えて魚を選ぶ。家庭の鍋は26cmが最大だろうから全長23cmくらいがいい。

下ごしらえは店に頼めばてぎわよくやってくれるが、自分でやっても難しくはない。

ウロコをていねいに落としてから、魚の裏(頭を右、背びれを上にした側)から腹に包丁を入れてエラとワタを抜く。エラはハサミで切り離して指で抜く。腹の内側の黒い皮が臭みの元なので包丁の先でよくこそげておく。

080110_kinme_1_w440.jpg

鍋にアルミフォイルを敷き、魚を乗せる。魚に砂糖(半カップ~1カップ:好みで)をかけ、酒150cc、しょうゆ100ccぐらいを注ぐ。しょうがを皮つきのままたたきつぶして適宜入れる。

080110_kinme_2_w440.jpg

魚の上からまたアルミフォイルをかぶせ、さらに蓋をして強火で炊く。沸騰したら中火に落とす。魚の大きさによるが8~10分くらいで煮える。アルミフォイルごと滑らせるようにして皿に移し、最後に魚を手で押さえてアルミフォイルを引き抜くと姿が崩れない。

080110_kinme_3_w440.jpg

味付けはそれぞれなのでいちがいにいえないが、砂糖を多めにすると味がしっかりして煮崩れもしにくい。好みで味醂を入れてもいいが、砂糖より味がくどくなる。

煮汁の量が多すぎると収拾がつかない。落とし蓋をして沸騰させたときに魚の上まで煮汁が回るだけあればよい。ちょうどよく煮詰まってくると同時に煮上がるように煮汁の量を加減しておくのがコツといえばコツ。少なめに入れて、万一足りないようだったら酒を足す。楊枝で刺してみてすっと通れば煮えている。

炊き上がったばかりより、少し置いて粗熱をとってからのほうが味が落ち着く。

MacWorld 2008でのスティーブ・ジョブズの基調講演ビデオがAppleから公開された。ジョブズのカリスマ的プレンゼンターぶりがいかんなく発揮されている。

内容についてはTechCrunch 日本版でダンカン・ライリー記者が要領よくライブ・ブログを書いているのでごらんいただきたい。Macworld 2008 スティーブ・ジョブズ基調講演ライブ

下はMahaloで編集された60秒のダイジェスト版。よくできている。

今も昔もMacファンだったことがないので、当然かたよった見方なのだろうが、ジョブズのプレゼンのうまさ以外には気抜けした発表という印象だった。大げさに期待を持たせた「There's something in the air.」という横断幕も結局単なる軽量ノート、Macbook Airのことと判明。

封筒に入るというCMはうまい。たしかによくここまで薄くしたと感心はするが、光学ドライブなし、USBポート1コ、その上バッテリー交換できず、では使い勝手は良くはないだろう。それにいくら薄くても軽くはなっていない。それでもMacファンは喜んで行列して買うのだろう。

あとはApple TVとiPhone、iPod Touchのバージョンアップ。iTunesでビデオレンタル開始。DRMなしはいいとして、いずれも小ネタの感。

Appleの株が下がったのは市場もがっかりしたせいか。

最後にショービズ左翼の爺様がピアノ弾き語りでへたくそなアジ・ソングを延々と披露した。60年代ではあるまいし。TCのダンカンがブログで「誰かつまみ出してくれないかな」と書いていたが同感。

Apple本家から公開された完全中継はジャンプの後↓に載せておいた。

[MacWorld 2008 スティーブ・ジョブズの基調講演ビデオ]の続きを読む

土曜日はひさしぶりに天気がよくなったので、鹿島神宮に参拝して息災を祈願してきた。本殿のにぎわいに比べて奥宮や森閑としていちだんとご利益がありそう。前日の雪が屋根に残っている。

080119_kasima_oku_w440.jpg

前にも書いたが鹿島神宮には鹿がいる。売店でニンジンを売っているので一籠献呈。

080119_kasima_deer_w440.jpg

ついでに霞ヶ浦北浦の水原に白鳥を見にいった。「かんぽの宿 潮来」と「愛染院」というお寺のちょうど中間の道端に「白鳥の里」という看板が出ているので、その前の細い道を北浦の側へ入る。土手の上に駐車場がある。


大きな地図で見る

地元有志が白鳥を保護して餌付けしている。見学者用に100円でエサを売っている。

080119_yurikamome00_w440.jpg

全国に白鳥の飛来地は多いが、白鳥に手に持ったエサをひったくられるのはここだけでは? エサを狙うオオハクチョウ。ちなみに塩分や糖分の多い人間用のパンやスナックは鳥には有害なので決して与えないよう。

080119_yurikamome03_w440.jpg

カモ、バン、カモメが無数にいて、空にはトビが舞っている。今回は目の前の空中でホバリングするユリカモメの大迫力な絵を撮ることに成功。

 


ウェブを変える10の破壊的トレンド

Amazonから届いて読み始めたところ。

またまたAmazonから到着

全集 日本の歴史 2 日本の原像

先月買った旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記[全集 日本の歴史]がたいへん面白かったので第2巻も購入。

歴史学会のことはよくわからないが、どうやら佐倉の国立歴史民俗博物館に連なる人脈の気配がする。マルクス主義その他のアジェンダをもった「ためにする歴史」から総合科学に取り戻そうというモチーフが見えて好感がもてる。

日経BPの竹内さんから献本いただいた。ありがとうございます。

がんばれ!銚子電鉄 ローカル鉄道とまちづくり

実はこの銚子電鉄の救い主「ぬれ煎餅」というのはなかなか独特な食感でw、かなり好みの分かれそうなしろもの。しかし逆にそのインパクトの強さでこれだけ話題になったにちがいない。マーケティングというものは一筋縄ではいかないものだ。

ちなみに銚子電鉄の事務機能を集約したターミナル「仲ノ町」駅の写真をお目にかける。

どこかの店の物置かと思うと…駅だ。080128_choden_02_w400.jpg

主要なコミュニケーション手段として黒電話が鎮座している。ソーシャル機能のインプリメントは黒板と白墨。080128_choden_03_w400.jpg

問題の濡れセンベイの脇をすり抜けて…080128_choden_05_w400.jpg

雨のプラットフォームに出る。黒いチビ電気機関車はデキ3といって、1922年ドイツ生まれだそうだ。宇部の炭坑で働いていたものを太平洋戦争中に購入したという古強者。その向うに見えるのはヤマサしょうゆの工場。080128_choden_06_w400.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。