上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにGoogleのソーシャルネットワークに対するグランドデザイン(の一端)が明らかになった。GoogleはOpenSocialというオープンAPIの規格とその規格をサポートするSNSホストを発表した。

詳細はTechCrunchのGoogleの野心的「OpenSocial」APIの詳細判明―木曜日にローンチへをご覧いただきたい。

OpenSocial APIとはアプリケーション開発者がSNSにアクセスして情報を引き出したり操作を行なったりするための規格だ。Open Socialに参加したSNS側では、この規格で定められた要求を受け取ったときに正しく処理できるようサーバにプログラムを実装する。

スタート時点での参加SNSは以下のおり。 Orkut、Salesforce、LinkedIn、Ning、Hi5、Plaxo、Friendster、Viadeo、Oracle。

SalesforceとLinkedInというビジネス向けネットワーク大手の参加が目を引く。

開発者からみたメリットは大きい。つまり、すべてのOpenSocial加盟SNSに対して同じコードで、たとえば「ユーザーXの友達リストをすべて読み出す」というような処理ができる。今までFacebookを始めそれぞれのSNSごとにまったく互換性のないマークアップ言語が乱立して開発者は悲鳴を上げていた。

「アクセス・インタフェースの標準化」というのは、そもそもマイクロソフトのお家芸だ。MS-DOSとは結局インテルの80x系CPUに対するアプリケーションのアクセス・インタフェースだ。MS-DOS以前、アプリケーション開発者は、パソコンのモデルごとに異なるアクセス規格に対応して一つのアプリケーションに多数のバージョンを用意しなければならなかた。マイクロソフトがOSを(力づくで)統一したことによって、ハード、ソフトともにマーケットが一気に拡大、今日のパソコン時代の幕が開いたわけである。

MS-DOSの例でもわかるように「標準化」というのは強者がその力を背景にしなければ実現できるものではない。Googleはまさにその巨大な影響力を最大限に生かしたといえるだろう。DOSやWindowsではマイクロソフトはその実装まで行なったわけだが、OpenSocialの場合、Googleは実装面ではさしたる負担をしていない。(OrkutにAPIを実装しているが)。ある意味では他人のふんどしで音頭を取っただけ。非常にずるいともいえる。

逆に標準化の本家のはずのマイクロソフトがFacebookに巨額の投資を行なったことに疑問符がつく結果となった。Facebookという単一SNSの(丸ごと買収ならともかく)の株主になることがマイクロソフトのSNS戦略の中でどう位置づけられているのか? 有望な新興企業に金を出すだけならヘッジファンドでもできることだ。

OpenSocialはまた単に海の向こうの話題でもない。独自にプラットフォームを作っても有力なアプリケーション開発者に振り向いてもらえないような中小、ニッチ狙いのSNSでもAPIにOpenSocialを採用すればアメリカを始め全世界の人気のあるアプリケーションを呼び込める。

TechCrunchの記事中えマイク・アリントンが「新たな金鉱が発見された」と評しているが、まさにそのとおりだ。日本からもこのゴールドラッシュに誰か参戦しないものか?

スポンサーサイト

GoogleのOpenSocial陣営にひとつだけ欠けているものがあった。巨大ユーザーベースを持つアメリカ市場中心のSNSである。SNSの価値の源泉は「みんなが入っている」ことに尽きる。「加入者が増えるほどサービスの価値が増加する」というネットワーク効果が発揮される典型的な例だ。

OpenSocialについて「なるほどさまざまなアプリケーション(ウィジェット)がSNSで利用できれば楽しいには違いないが、所詮はオマケだ」という冷めたコメントも出ていた。

しかしMySpaceがOpenSocial陣営に参加してくるとなると、話はまるで違ってくる。登録アカウント数2億、Facebookに急追されているとはいえ、SNSとしてはユーザー数でもトラフィックでも段違いの1位だ。


しかもMySpaceは独自のアプリケーション開発言語(マークアップ言語)の開発を放棄し、サードパーティーのアプリケーション開発は全面的にOpenSocial APIに任せるという。これほど重要な決断が一朝にできるものではないはず。どうやら昨年の広告に関する提携交渉のあたりでこの合意がなされたらしい。GoogleとMySaceは1年近くこの秘密プロジェクトを隠しとおしたことになる。CIAも模範とするに足る情報管理だ。

これでFacebookは難しい決断を迫られることになる。このFacebook包囲網を破る正攻法は無論OpenSocialに参加することだ。Facebookが加入しないからこそOpenSocialはFacebook包囲網として機能するのであり、逆にFacebook自身がサポートすればhtmlと同様の単なる標準規格となってしまう。

しかし、すでにMicorosoftから巨額の資金を受け入れてしまった今となってはザカーバーグの一存だけでことを決めるわけにはいくまい。いずれにせよ、Facebook/Microsoft連合としてはOpenSocialに参加しても戦術的にはデメリットしかなく、参加しなければ戦略的に重大なリスクを背負う。結局Googleの一手は「王手飛車取り」の絶妙の着手となったようだ。

映画「ブレードランナー」の原作、P. K. ディックの難解SF、 "Do Androids Dream of Electric Sheep?"が妙なところでよみがえった。GoogleのLinux携帯電話プラットフォームのコードネームがAndroidだった。(速報:Google、「Android」と「Open Handset Alliance」発表 TechCrunch 日本版)

Androidは簡単に言えば、デスクトップでWindowsが果たした役割を果たそうと狙っている。アプリケーション開発者はWindowsアプリケーションをひとつだけ書けばあらゆるWindowsマシンで動く。モバイル・アプリケーション開発者はAndroid向けにソフトウェアを書けばあらゆるAndroidデバイスで作動が保障される。しかもWindowsと違ってAndroidは完全にオープンかつ無料だ。

オープン化戦略はGoogleだけが業界に強制することができ、しかもGoogleだけがこの戦略によって最終的に最大の利益を上げることができる。

この点MicrosoftのWindowsによる標準化が「結果論」だったのは異なる。初期のMicrosoft自身はむしろ反標準化のメンタリティーを強くもっていた。しかし競争相手を徹底的に排除していった結果、Microsoftは「心ならずも」標準化を達成してしまった。

GoogleはMicrosoftのようなストレートな競争ではなくオープン化といういわば一種のテラフォーミングによってエコシステムを操作し、潜在的な競争相手を絶滅させるという手法をとっているように思える。おそるべし。

デメ研の教育CSR会議と日本ウェブ協会が共催するミニシンポジウム(11/16)で話をすることになった。

UCバークレー校やスタンフォードなど有名大学では講義を丸ごとYouTubeにアップして公開しはじめている。またTechCrunch40でリリースされたYahoo Teachersなど教育にWebを利用する動きがいろいろ出ている。Webサービスの最新事情と合わせてそのあたりを紹介してみたい。

参加無料、場所は東銀座の京橋郵便局の隣と至便なので興味のある方はぜひどうぞ。

ミニシンポジウム:ウェブと教育問題の最前線

主催:特定非営利活動法人 日本ウェブ協会 http://www.w2c.jp/
共催:教育CSR会議 http://www.demeken.net/csr/
申込方法:以下のページからフォームにてお申し込みください
http://www.w2c.jp/Seminar/2007/november/16_day/
開催日:2007年11月16日 金曜日
場所:築地三井ビル4F
〒104-0045 東京都中央区築地4-7-1 築地三井ビル4F
地図:http://www.w2c.jp/Seminar/2007/november/16_day/
参加費:無料 定員:50名

■講演内容
14:00~「海外におけるインターネットの教育活用事例」講師:滑川海彦(デジタルメディア研究所)
15:00~「教育現場とIT環境」講師:亀田武嗣(デジタルメディア研究所)
16:00~「今、学校現場と求められているもの」橘川幸夫(デジタルメディア研究所)
17:00~ 「パネルディスカッション」滑川海彦+亀田武嗣+橘川幸夫ほか

ネタフルのブロガー、コグレマサトさんの母上が11月8日にお亡くなりになったということです。http://netafull.net/diary/022739.html 謹んでご冥福をお祈りします。
先週金曜、橘川幸夫のOn Bookのパーティーに行ってきた。デメ研ブログ(ソーシャルメディアメモ)に写真をアップしてあるのでご覧ください。岩谷啓子さん(岩谷宏夫人)に何十年ぶりかでお会いできて、感慨ひとしお。

ひさびさに料理ネタ。とりたてて珍しいものではないが、上記グッズはどれも一般家庭で非常に重宝すると思う。

耐熱シリコンゴムのスパチュラはどこのホームセンターにも置いてあるが、写真奥の赤いParent ASIN OXO シリコンスパチュラ Mは柄が長くて頑丈なつくりなのがよい。鍋の内容を100%かき落とせるので省資源になるし、鍋を食洗機に入れるにも便利。もちろんテフロン加工を痛めない。

ベージュと緑のカッターは京セラ セラミックスライサー CSN-180 WHで、やはりセラミック刃がすぐれもの。金属ブレードのスライサーはすぐ切れ止んでしまい、ベルトサンダーがないと研げないので家庭ではほとんど実用にならない。緑が千切りでベージュが薄切り。金属製と比べ物にならない切れ味だけに、くれぐれも指にご注意。当方緑色を買った直後、油断して親指の皮を薄く剥いてしまった。

スプレーにはエタノール(エチルアルコール)を入れてある。まな板、手指、冷蔵庫内など消毒はもちろん、パン、刺身、肉類などの保存に圧倒的な効果がある。

特にパンは冷蔵庫に入れるとでんぷんが劣化して風味が極端に落ちる。袋にしまうたびにアルコールを噴霧しておくと夏でも常温で数日問題なく保存できる。

その他何によらず雑菌の繁殖を抑えたいものに噴霧する。風邪やインフルエンザの季節には玄関に備えておいて手の消毒につかってもよい。

エチルアルコールは殺菌力が高く、すぐ蒸発し、プラスチックや木材をいためず、人体に無害で(もともと飲料だw)、食品の風味を損ねない。ただしくれぐれも燃料用のメタノールやメタノールで変性したアルコール、添加物を入れたアルコールを使わないこと。有毒だ。使用前に必ず無添加の消毒用エタノールであることを確かめていただきたい。希釈度は80%前後がもっとも殺菌力が高いとされる。

写真のスプレーはマルハチのザ・スプレーというモデルで、吸い込みチューブが柔軟で重りがついているので、液体が減ってきたときでも真横に傾けて噴霧できる。もともとは園芸用らしい。このタイプでないと噴霧できる角度が制限されてしまって実用にならない。

Web 2.0のご本尊、ティム・オライリーがひさびさ(10年ぶりとか)にWeb2.0 Expoのために来日した。

Web2.0がらみで本を書かせていただいた手前、これはどうしても拝観wしてこなくては、と技評の和田副編集長をお誘いして11/16(金)の朝、渋谷のセルリアンタワーへ行った。

2日通しチケットが10万円というかなり高額なカンファレンスにもかかわらずセルリアンの大宴会場がほぼ満席。主催者発表ではカンファレンス参加者延べ739名ということだが、まずそのくらいはいっただろう。


この時間はTwitterのファウンダー、Evan Williamsとの対談。Williamsはネブラスカの農家の出身だという。なるほど実直、無骨な感じがする。

071116_oreillyandwilliams.jpg

Twitterのアクセスの2割は日本から来ているという。予想以上に多い。

Twitterには今のところビジネスモデルはないという。さすが余裕だ。ビジネスモデル、ビジネスモデルと叫んで目の色を変えなければならないようでは、ビジネスがあまりうまく行っていない証拠だ。

展示会場ではZohoの看板が目についたので立ち寄ってみた。Zohoの運営会社Adventnetのブースで、この日本法人は2001年の設立という。ネットワーク管理・運用のソリューションを中心にしたB2Bのサービスを提供するのが本業のようだ。Zohoは新しい試みだが、会社はいわゆるスタートアップではないのがWeb2.0サービスとしては珍しいかもしれない。

今回来日した折のオライリーの発言では、Web2.0の意味を改めて語った西村博之氏との対談が面白い。

簡単に言えば「価値のシフトが起きている」ことを強調したかったようだ。IBM-PCがオープン規格で登場したことによってコンピュータがコモディティー化し、価値がハードからソフトにシフトした。同じようなことがインターネット上でも起きている。今度はソフトウェアがコモディティー化している。「インターネットはソフトウェアの価値を何か違うところに持っていこうとしてる。それは何か。それが、Web 2.0なんだ。」

なるほど。

この後、午後は日本ウェブ協会主催のセミナーでインターネットと教育ということで1時間ほど話す。その後、デメ研の亀田、橘川が話す。亀田氏が学校まわりの現状を縷々説明。苦労はわかるが、苦労しているだけではつまらない。変えられないものは変えられないわけで、変えられるところを探して変えていくしかないだろう。森川理事長他で鹿児島料理の居酒屋で反省会。地鶏かどうか知らないが、鶏がなかなかうまかった。

On Bookの市川編集長に教えてもらったが、VistaとXPでは微妙に文字セットが違うという。

Unicodeの上で、新JISとか言われてるJIS X 0213をサポートするという、変な方式になりました。いままでのMS漢字やJIS X 0212(昔のJIS)もサポートされているけど、デフォルトはJIS X 0213なんで、字体が変わるぐらいならいいんだけど、明らかにXPでは表示できない漢字もある。編集者としては注意が必要。詳しくはこの辺を

ということだそうだ。φ(`д´)メモメモ...

なお正確にいえば、VistaがXPと異なる表示になるのは、Vista対応のMSフォント(メイリオやゴシック・明朝など)の場合で、サードパーティーのフォントの場合はVistaでもXP以前と同様の表示となる。下の例で「日」の上の点の有無に着目。

071124_font_kakeru.jpg

先日、国立駅前の古本屋で見つけて買ったのだが、中国古典名言事典 (講談社学術文庫 397)は圧倒的にオススメだ。十数年前に同じ学術文庫で「中国古典名言集」9分冊版を買って愛読していたのだが、9分冊となると、数冊がいつしかどこかに消えてしまい困っていた。ただしさすがに字は細かい。出典の部分の字などアリの頭くらいしかないのがちょっとつらい。

テクノラティプロフィール

小飼弾さんのブログで見つけたが、これは可笑しい

元素記号を顔文字で 
(^H^)    (^H^)
  \(^O^)/    ミズー
とかひたすら表していくというスレ。これが妙にはまる。ヘリウムだと…

(´He`) 化合シナイ… 孤独ナキガスル

弾さんがおもしろがって全元素の顔文字周期表を作っている。中学、高校の理科でも取り入れてはどうかw

ちなみにフグ毒(テトロドトキシン)まで顔文字AAで作った神がいる。

ふと気づいてみると、Gmailの容量が5.2GBになっていた。現在そのうち11%を使っている。犬猫その他ペットの投稿写真サイトのCuteoverloadのメルマガを購読しているとはいえ、たいへんな量だ。これがとにかく宛名であろうと本文のどんな片言隻句であろうと一発で確実に検索できるというのはすごい。

諸橋「中国古典名言事典」(以下「名言」)をぱらぱらとめくっているといろいろおもしろいフレーズが目に入ってくる。そのまま忘れてしまうともったいないのでメモしておくことに。 本文は引用だが、解釈はパラフレーズしてある。
鼫鼠(せきそ)の如きは貞なれども(あやう)し (易)(p228)
 *セキはネズミ偏に石。 ムササビのような〔進退をしていると〕やっていることは真面目でも身が危ないことになる。諸橋によるとムササビは「臆病で欲深な動物」の代表という。
車、甚だ沢(ひかり)あれば、人必ず瘁れる。(p259 左伝)
上の者がぴかぴかの車を乗り回すようになると使用人はたまらない。
書を校するは塵を払うが如し。一面払えば一面生ず。(p713 夢渓筆談)
書物の校正は塵を掃うようなものだ。一つ終われば、別のところにまた塵が溜まっている。〔終わりがない。〕
千金は死せず、百金は刑せられず。(p693 尉繚子)
今の中国がやはりこのとおり。
流れに枕し、石に漱(くちすす)ぐ。(p707 世説新語)
晋の孫楚が「石に枕し、流れに漱ぐ」を言い間違えたのに「流れで耳を洗い、石で歯を磨くのだ」と強弁したという故事。夏目漱石の号の由来だが「流石」(さすが)もこれが語源という。
虎に騎るものは勢い下りるを得ず。(p686 五代史)
一度ゴルフを始めてしまうと収賄になると分かっていても止められない。
文は拙を以って進み、道は拙を以って成る。(p581 菜根譚)
文はヘタでもこつこつやっていれば大成する。道徳も不器用な人間のほうが修養が進む。
節義を以って標するものは必ず節義を以って謗りを受く。(p572 菜根譚)
節義を売り物にしている人間は必ず節義で痛い目に遭う。
淫奔の婦は矯めて尼となり、熱中の人は激して道に入る。(p583 菜根譚)
淫奔な女が突然尼になってみたり、過激な人が逆上して出家したりする。仏道にとっては邪魔なことである。
君子は進め難くして退け易し。小人はこれに反す。(p631 宋名臣言行録「司馬光」)
君子は地位に就きたがらず、就いてもいさぎよく退く。小人はその逆。
書は誦を成さざるべからず。(p631 宋名臣言行録「司馬光」)
文章は暗誦できるほどに読み込まないと実際の役には立たない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。