上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleはオレゴン州に巨大データセンターを建設したが、さらにノースカロライナでGoogle,次世代検索エンジン向けの新データセンターを6億ドルで建築へ(メディアパブ)向かっている。ところがこれだけではなく、なんとサウスカロライナでも大規模なデータセンターの建設計画がある。

なぜGoogleはこれほど各地に巨大なデータセンターの建設を急いでいるのか? I, CringelyにGoogleが密かにすするめるグランドデザインを考察した面白い記事が掲載された。

When Being a Verb is Not Enough: Google wants to be YOUR Internet.
Googleは動詞になるだけでは足りない―Googleはインターネットそのものになろうとしている

かなり長文の記事なので、要旨は以下にまとめてみた。

Googleは世界最大の光ファイバーユーザーだが、奇妙なことに、借りているだけで所有はしていない。たぶん司法省による独占禁止法違反となることを恐れているのだろう。しかし、そもそもなぜGoogleはそれほどまでに大量の光ファイバーが必要なのだろう。

Googleではサウスカロライナ州の3箇所―チャールストン付近の田舎町グースクリーク、州都コロンビア、ジョージア州境のもう一つの町―のどれか、あるいは全部に巨大データセンターを建設する計画を進めている。なぜ人口わずか400万人のサウスカロライナにそれほど巨大なデータセンターが必要なのだろう?

[Googleの野心―インターネット完全支配?]の続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。