上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの大手PR会社Edelmanが世界のブログの現状についてのレポートを発表した。Edelmanの上級副社長で自身も有名ブロガーのFrank RubelがMicropersuasionで紹介している。(レポート本体はオンラインでもPDFでも読める。)

http://www.micropersuasion.com/2007/01/edelman_study_b.html 070112_edelman_blog_cover_w450.jpg

さまざまな統計からすると、日本とアメリカが突出したブログ大国らしい。Technoratiの調べによると日米両国ですべてのブログ記事の7割以上を生産している。

ブログが読まれている普及度では日本がダントツでアメリカはそれほどでもないようだ。ただし、日本のブログ読者では「ブログを読んだことが何らかの行動に結びついたか?」という問いにたいするYesが少ない。(日本18%、米国28%)

この傾向(普及しているが、あまり行動に結びつかない)は日本だけでなく、韓国、中国にも共通している。

ちなみに、このレポートの表紙のカット画像で日本を代表しているのが「2ch 痛いニュース」というのがご愛敬。

スポンサーサイト

Alexaのデータによると、YouTubeはYahoo、MSN、Googleに続く世界第4位のサイトになった。

Read/Write WebのRichard McManusが多面的にデータを集めて解説している。

http://www.readwriteweb.com/archives/youtube_now_number4_alexa.php

YouTube Now 4th Biggest Web Property in World

ComscoreやCompeteのデータではMySpaceがまだ上位にいるが、これらは米国だけを対象にしたデータなので当然だろう。

Google+YouTube連合のパワー恐るべし。テレビ番組のインターネット配信の行方にも大きな影響を与えそうだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。