上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube/HDDビデオの時代に日本のテレビ局は生き残れるか?(日経BP/磯崎 哲也)

http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/column/economy/061214_jtv/

YouTubeをたたきつぶしても〔親会社は不法行為に関して有限責任なので〕一銭にもならない。だが、日本円で1兆円以上の資金を持っているグーグルの納得する条件で和解すれば巨額の和解金が取れ、(略)和解を選択する可能性は高いだろう。

今後10年前後で、〔HDDビデオの普及により〕実際に視聴者にリーチ(到達)するテレビCMの量が、従来の5割前後まで減るという事態は容易に想像される。

現状の延長線上で何もせずに“無傷”ということはありえない。

【米3大ネットワークと在京キー局の経営規模比較】


[YouTube/HDDビデオの時代に日本のテレビ局は生き残れるか?]の続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。